建築設備報告書

ダクト撤去時には竪穴貫通部を防火区画として復旧させる

 

消防法においては、建築物の規模や用途により、消防用設備等の設置および維持基準が規定されており、

この基準を考える上で、「令8区画」と「共住区画」という区画があります。

令8区画について

(2)令8区画を貫通する配管及び貫通部について
令8区画を配管が貫通することは、原則として認められないものである。しかしながら、必要不可欠な配管であって、当該区画を貫通する配管及び当該管通部について、開口部のない耐火構造の床又は壁による区画と同等とみなすことができる場合にあっては、当該区画の貫通が認められるものである。この場合において、令8区画を貫通する配管及び当該貫通部について確認すべき事項は、次のとおりである。

配管及び貫通部は、一体で、建築基準法施行令第107条第一号の通常の火災時の加熱に2時間以上耐える性能を有するものであること。

ダクト、ダクト工事、復旧工事、復旧作業、原状回復工事、竪穴区画、消防法令、建築基準、

 

 

ピックアップ記事

  1. 神戸商工会 140周年記念 井戸知事と撮影
  2. 消防設備報告書 代行依頼 消火器消火栓消火ホース耐圧試験

関連記事

  1. マンション管理維持費

    特殊建築物外壁点検/タイル打診点検

    特殊建築物点検では外壁点検を行い、タイル張りの外壁点検では全面打診点検…

  2. 建築設備報告書

    給水ポンプ修理/圧力バルブ不良

    補給水槽へ送水する為の給水ポンプは温度差や高低差流量差によって日々、時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 電気工事

    エアコン取付け工事
  2. マンション管理

    美的空間演出の池も無料点検しました。
  3. 消防設備

    消防設備報告書 代行依頼 消火器消火栓消火ホース耐圧試験
  4. 大規模改修工事・大規模修繕工事

    劣化診断・点検/調査依頼
  5. 建築設備報告書

    排煙設備点検/建築設備報告書/排煙連動試験
PAGE TOP