特殊建築物報告書

屋上点検は危険もいっぱい

共同住宅やマンションの特殊建築物点検作業中には屋上においても色々な危険個所は多く存在します。単に手擦りの無い外回りに気を付けているだけではうっかり引っかかったりするものですが、排水口や排水用溝がきちんとあるとも限らないのです。端に近付く時には勿論注意はしてますが立った状態からだと視認が少し難しく、写真を撮る為に後ろ向きでバックしながら余裕を見て距離を取っていても50センチ以上手前から段差になっているのには気が付かず、工事業者やアスファルト防水の仕様によってはこうゆう形の仕様もあるのかとヒヤリとさせられました。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP