マンション管理

特殊建築物報告書を提出しました

建築物の健康診断 神戸市定期報告制度

 

定期報告制度は、建物を建てた後で、それを安全に維持管理していくための制度です。

所有者又は管理者が、

調査の有資格者に定期的に調査をさせ、その結果を特定行政庁に報告するように定めています。

これが「特殊建築物等定期報告制度」と呼ばれるものです。

人が健康診断を受けるのと同じように建築物も定期的に(3 年に 1 回)調査を行い、

建築物の安全を守ろうとする制度です。

 

定期報告の提出の流れを説明します

 

特定行政庁より原則として報告者(所有者又は管理者)に

お知らせがあります。


報 告 者 対象建築物に該当するか確認の上、調査者に依頼してください。
①対象建築物を調査します。

②調査者が調査のうえ、報告書を作成します。

③調査者が直接、特定行政庁に報告書を持参していきます。

特定行政庁が報告書を受理し、必要に応じ改善指導します。

④調 査 者 に指導内容を伝えられ 調査者と相談の上、適正な維持管理を行っていきます。

報告書提出完了となります。

ピックアップ記事

  1. 神戸商工会 140周年記念 井戸知事と撮影
  2. 消防設備報告書 代行依頼 消火器消火栓消火ホース耐圧試験

関連記事

  1. 特殊建築物報告書

    スケジュール管理と地図リンク

    今年の予定をスケジュール管理するのにどのスケジュー…

  2. マンション管理

    外周点検|蓋浮き段差調整施行

    内部の錆が膨張し蓋側面の鉄部が膨張し蓋が浮いた。高さ目安として…

  3. 大規模改修工事・大規模修繕工事

    屋上点検は危険もいっぱい

    共同住宅やマンションの特殊建築物点検作業中には屋上においても色々な危険…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 建築設備報告書

    電気設備|保守管理|受電メンテ
  2. マンション管理

    大規模改修工事/大規模修繕工事|現場見学会
  3. 特殊建築物報告書

    共用部点検作業|女子トイレ扉の内側に落書き
  4. マンション管理維持費

    タイル地面浮き/外構部工事
  5. ランニングコスト削減

    ターボ冷凍機冷却塔導電率計センサー取替工事
PAGE TOP