マンション管理

外壁打診点検|特殊建築物報告点検作業

特殊建築物点検で主要な点検項目の一つとして

外壁打診点検があります。

外壁施行には多種多様の物が在りますが

マンションの外壁では一般的には”タイル張り”と“吹付塗装”があります。

各々に特徴として良い点と悪い点がありますが

今回点検した建物はタイル張りでした。

点検時にはタイルそのものの浮きを調査する為に打診テストを

していきます。点検用には打診テスト棒を使い

私どもが使っている物は広い範囲をより点検できるものを使っています。

建築時期や外壁仕様を予め竣工図や建築図面を見て把握しておくと

単に外壁回りだからと言って見た目が同じタイルであっても

タイル面の施工方法が異なる事によって建築時の外壁施工作業が同じになる訳では無いのです。

建築区分けを階段部と躯体とは分けていたり、ベランダ回り外壁とを分けていたり

施行会社によって違うからなのです。

特に近年の建物においてはその技術や工場出荷と言う形で

建築費に大きく影響する外壁材の施行過程は進んでいますので

現場では組み立てるだけで極力施工時間を済ませるようにしています。

これによってタイル自体の浮きと言うのは抑えられます。

しかしながら、つなぎ合わせの部分までを見逃したり

コーキングの状態を見ていかない事には

その面の全体に対してどう影響しているのかも見逃す事になってきます。

3年毎に点検は行う事になってますが深度4以上の地震が各地で頻発し

高さによってその振幅は振動周期が変わる事から

点検している建物が3年間にどこに影響が出ているのかを

ほんの少しの兆候や状態から推察する必要もあるのが

外壁点検の難しい所でもあります。

下地となるコンクリートにおいても

エフロレッセンスや白化症状と言ったコンクリート特有の

症状もどの時点で、どの広さでどれだけ躯体に影響しているのかを

点検報告としてより精密な点検を促してもらうかの材料にしていく事を思えば

その次に来る専門点検の見積もりを見た時に初めてビックリするはずです。

阪神淡路大震災を経験した一人としては

不幸な事ではありましたが、建物管理の立場からしてみれば

多種多様の経験が出来たのも事実かも分かりません。

今回の物件は比較的新しい建物であったので

状態は非常に良かったと思いました。

外壁、打診点検、特健点検、特殊建築物点検、マンション外壁点検、マンション点検、共同住宅、共同住宅点検、建物点検、建築点検、外壁調査、外壁打診調査

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 神戸商工会 140周年記念 井戸知事と撮影
  2. 消防設備報告書 代行依頼 消火器消火栓消火ホース耐圧試験

関連記事

  1. マンション管理

    劣化診断・点検/報告書

    定期自主点検点検の実施記録抜粋…

  2. マンション管理

    特殊建築物報告書を提出しました

    建築物の健康診断 神戸市定期報告制度定期報…

  3. マンション管理

    非常照明点灯試験/マンション点検作業

    昭和40年代に共同住宅が整備されだしてから多くの団地やマンションが増え…

  4. 建築設備報告書

    給水ポンプ修理/圧力バルブ不良

    補給水槽へ送水する為の給水ポンプは温度差や高低差流量差によって日々、時…

  5. マンション管理

    大阪市優良建築物等整備事業の提出書類

    大阪市の建築条例で一定の書類を整えれる工事をすると大阪市優良建…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 建築設備報告書

    電気設備|保守管理|受電メンテ
  2. ランニングコスト削減

    ターボ冷凍機冷却塔導電率計センサー取替工事
  3. マンション管理

    外装打診調査|漏水点検/タイル打診調査
  4. 特殊建築物報告書

    スケジュール管理と地図リンク
  5. マンション管理維持費

    タイル地面浮き/外構部工事
PAGE TOP