建築設備報告書

給水ポンプ修理/圧力バルブ不良

補給水槽へ送水する為の給水ポンプは温度差や高低差流量差によって日々、時間帯や湿度、使用状態で圧力変動を起こし推移を適度に保たせるために鈴の流量で均衡を保っている。

変動が日々多い補給水槽へ水を供給するポンプもまた起動と停止を繰り返しポンプとしては疲労も多いものなります。概ね自動起動でその起動圧力と停止圧力を指示プログラムしているのでめんてなんすふりーではあるのですが、一旦本体圧力の保持が難しい状態になると一変するのです。いわゆるある力漏れを起こしだすと変動が無い状態でもポンプ側で勝手に圧力が下がり要求を出している状態になるからです。その結果よりハンチングが激しくなりその時間範囲も狭くなることからリレーの動作が頻繁になりすぎてサーマルリレーが作動し、警報出力で異常の発報となります。

原因が分かっていれば、なるほどそうゆう事かと一連の不良個所からの連鎖的なフローは理解できるのですがカバーがされている配管や見た目の想像と違う圧力バルブなどは特に視認する事すら難しく原因に簡単に辿り着かない事もよくある事です。

大型熱源装置や熱源設備を設けている場所ではメインではないかもしれないこういった設備のメンテや点検が年単位で重要になります。

 

給水ポンプ、ポンプ点検、ポンプ修理、水道配管、配管修理、バルブ修理、ベアリング修理、圧力バルブ修理、配管工事、

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP